CLAYTON FRANKLIN




「古いものが時代を経て、新しいモノとして生まれ変わる」をコンセプトにネオクラシックなデザインを採用し、クラシックな中に新しさを感じるデザインを提案している。

今では少なくなったセル巻やワッパなどの手作業が加わる効率の悪いデザインなどを躊躇せず採用し現代の技術で作り上げる。

日本のブランドながら、そのビジネスターゲットをアメリカやヨーロッパにおいている意欲的な姿勢が製品のクオリティの高さと両輪をなし、クレイトンらしさを生み出しています。
248
123...5»
123...5»