APOLLO

GROOVERを語る上で一番大事なモデルと言って良いのはAPOLLOおいて他に無いでしょう。
デザインされた当時、ノーズ周辺のデザインで物議を醸し出し、"素人のデザイン"だと酷評されました。
それを形にして世に送り出したのが、現GYARDのマスタークラフトマンである渡邉修一氏。

世界中で"Killer"と唸らせるGROOVERの至極モデルへと成長しました。 もう誰も素人デザインと呼びません。

1950〜60年代に夢見た未来が表現されたAPOLLOは、どこかノスタルジーな雰囲気を醸し出します。
ヴィンテージアイウェアには存在しない要素で構成されたデザインですが、ヴィンテージアイウェアのサンプリングのような印象さえあります。

GROOVERをスターダムに押し上げた伝説のモデルと言っても過言ではありません。


GROOVERのアセテート生地は日本製タキロンローランド社を使用しております。
*全体の1%ほどフランスのマツケリ社を使用
13